2014年01月14日

ハワイでハッピーアワーを活用

日本人をはじめ多くの観光客が訪れるハワイ。
老若男女を問わず人気の海外旅行スポットである。
そんなハワイでの食事は地元料理のほか各国の料理が揃っており、
どんな国の人が訪れても食事に困らないほどバリエーション豊かだ。

しかし少々困るのが観光地ゆえの物価の高さ。
例えば関西でお馴染みのお好み焼きをワイキキで食べると、
ぶた玉一枚が1500円〜2000円とかなり割高。
BARで飲み物を頼んでもビールがジョッキで6ドル程度となる。

そこで活用したいのがハッピーアワーという制度。
これは営業時間内の一部でドリンクや食事が安くなる制度。
主に夕方の18時までの時間などピーク前に設定されており、
仕事帰りに気軽に飲みに来てもらいたいと始まった制度である。
日本では聞きなれない言葉だが海外ではお馴染みのサービスだ。

ハッピーアワーは全ての飲食店で実施されている訳ではないので、
事前にネットなどで情報を収集する必要があるが、
割引価格とはいえレストランの料理なので味は間違いない。
スーパーのお惣菜で夕食を済ますより本格的な料理が味わえる。
posted by メルボルン2006 at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする